(有)シェパード[中央家畜診療所]がおくる松本大策のサイト
バナナフットって結構見かけますね その2

コラム一覧に戻る

2019年12月16日

 今回の牛さんは、まだ治療を始めたばかりなので結果は追って報告しますが、これまで数頭の治癒例(2016年9月16日)がありますから見直してみてください。

 それからブラウンスイスでも経験がありますから、その治療前・治療後を載せておきます。

 処置後のビデオは初診後3ヶ月で、この時点ではまだ変形は残っていますが歩様はかなりまともになっています。このあと変形も治癒していきました。

 それでは肝心の治療内容ですが、以前ご紹介したもので使用していたタンパク同化ステロイドが日本では発売中止になってしまいましたので、同じものの経口薬を使用しています。

 ビタミンD3 2ml+ゼノビタン2ml+ビタミンE注 10ml+パンカル注 10ml筋注
 エルカトニン1アンプル皮下注を2週間間隔で2回
 ドン八ヶ岳ADE(ゼノアック) 5g×20日飼料添加
 プリモボラン錠1日1錠×20日経口投与

 その後月1回V4処置の2回目以降の処置

これだけです。やってみる価値はあると思いますよ。だって、バナナフットのままじゃ経済性どころか成長もままならないでしょ?この治療の意味は、2016年9月16日のコラムを見てくださいね。

|
Copyright(C) Shepherd Central Livestock Clinic Co., LTD. All Rights Reserved.