(有)シェパード[中央家畜診療所]がおくる松本大策のサイト
シェパードの実績ページ
学会発表

1. 伏見康生, 髙木光博, 川口博明, 三好宣彰, 柄武志, 出口栄三郎, 他 (2015). 黒毛和種肥育牛における突発性好酸球性腸炎の3症例. 平成26年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会(岡山)岡山県岡山市.

2. Takagi M, Fushimi Y, Uno S, Nakamura M, Hasunuma H, Watanabe U, Deguchi E, Fink-Gremmels J (2014). Measurement of sterigmatocystin concentrations in urine to monitor natural feed contamination in cattle herds: Co-occurrence with zearalenone contamination. XXVIII World Buiatrics Congress 2014. Australia.

3. Fushimi Y, Takagi M, Kawaguchi H, Miyoshi N, Tsuka T, Deguchi E (2014). Three cases of idiopathic eosinophilic enteritis with chronic obstinate diarrhea_in Japanese Black fattening cattle. XXVIII World Buiatrics Congress 2014. Australia.

4. Takagi M, Fushimi Y, Uno S, Kokushi E, Watanabe U, Liu J, Marey M, Miyamoto A, Otoi T, Deguchi E, Fink-Gremmels J (2014). Application of mycotoxin adsorbent to cattle feed naturally contaminated with zearalenone: impact on ovarian function and serum anti-Müllerian hormone. 9 th International Ruminant Reproduction Symposium. Obihiro Japan.

5. 伏見康生, 髙木光博, 川口博明, 三好宣彰, 柄武志, 数面麻子, 蓮沼浩, 出口栄三郎 (2014). 黒毛和種肥育牛における突発性好酸球性腸炎の3症例. 平成26年度日本産業動物獣医学会 (九州) 鹿児島県鹿児島市.

6. Takagi M, Hasunuma H, Uno S, Kokushi E, Matsumoto D, Watanabe U, Okamoto K, Tshering C, Deguchi E, Fink-Gremmels J (2012). Effects of a mycotoxin adsorbent applied with the diet to cattle being exposed to rice straw naturally contaminated with zearalenone. XXVII World Buiatrics Congress 2012. Portugal.

7. Hasunuma H, Takagi M, Kawamura O, Taniguchi C, Nakamura M, Chuma T, Uno S, Kokushi E, Matsumoto D, Tshering C, Deguchi E, Fink-Gremmels J (2012). Natural contamination of dietary rice straw with zearalenone and urinary zearalenone concentrations in a cattle herd. XXVII World Buiatrics Congress 2012. Portugal.

8. Hasunuma H, Takagi M, Kawamura O, Taniguchi C, Nakamura M, Chuma T, Uno S, Kokushi E, Matsumoto D, Tshering C, Deguchi E, Fink-Gremmels J (2012). Natural contamination of rice straw by zearalenone indicated by persistently high urinary zearalenone concentrations in a cattle herd. 日本マイコトキシン学会第70回学術講演会. 東京都江戸川区.

9. 蓮沼浩、髙木光博、宇野誠一、國師恵美子、松本大策、岡本光司、渡邊麗、出口栄三郎 (2012). 飼養環境下の牛群におけるカビ毒吸着剤の飼料添加効果. 平成24年度日本産業動物獣医学会(九州地区).宮崎県宮崎市

10. 志賀慧、髙木光博、宇野誠一、蓮沼浩、岡本光司、出口栄三郎 (2010). 牛尿中ゼアラレノン濃度を指標とした給与飼料中ゼアラレノン浸潤動態モニター法の確立. 平成21年度日本獣医師会学会年次大会.宮崎県宮崎市

11. 志賀慧、髙木光博、宇野誠一、國師恵美子、蓮沼浩松本大策、岡本光司、出口栄三郎 (2009). 牛尿中ゼアラレノン濃度を指標とした給与飼料中ゼアラレノン浸潤動態モニター法の確立. 平成21年度日本産業動物獣医学会(九州).福岡県福岡市

12. 伏見康生、高木光博、松本大策、岡本光司、龍野巳代、城戸真理、松永昌訓、猪越琴、出口栄三郎 (2007). 群管理された人工哺育子牛へのγ—アミノ酪酸(GABA)製剤の投与効果. 日本産業動物獣医学会(九州)福岡県

13. 蓮沼浩松本大策 (2004). ビタミンAD3E剤筋肉注射後の血中ビタミンA値の変化. 平成16年度日本産業動物獣医学会(九州).大分県別府市

研究論文

Toda K, Uno S, Kokushi E, Shiiba A, Hasunuma H, Matsumoto D, Ohtani M, Yamato O, Shinya U, Wijayagunawardane M, Fink-Gremmels J, Taniguchi M, Takagi M.(2018)Fructo-Oligosaccharide (DFA III) Feed Supplementation for Mitigation of Mycotoxin Exposure in Cattle-Clinical Evaluation by a Urinary Zearalenone Monitoring System.Toxins (Basel). 2018 Jun 1;10(6).

Katsuki Toda, Emiko Kokushi, Seiichi Uno, Ayaka Shiiba, Hiroshi Hasunuma, Yasuo Fushimi, Missaka P. B. Wijayagunawardane, Chunhua Zhang, Osamu Yamato, Masayasu Taniguchi, Johanna Fink-Gremmels and Mitsuhiro Takagi (2017). Gas Chromatography-Mass Spectrometry for Metabolite Profiling of Japanese Black Cattle Naturally Contaminated with Zearalenone and Sterigmatocystin. Toxins 9:294

Kirino Y, Tanida M, Hasunuma H, Kato T, Irie T, Horii Y, Nonaka N (2015) Increase of Clostridium perfringens in association with Eimeria in haemorrhagic enteritis in apanese beef cattle. Veterinary Record 177(8): 202

Fushimi Y, Takagi M, Kawaguchi H, Miyoshi N, Tsuka T, Deguchi E (2015). Three cases of idiopathic eosinophilic enteritis with chronic obstinate diarrhea in Japanese Black fattening cattle. Journal of Veterinary Medical Science 77(3): 337-340.

Fushimi Y, Takagi M, Hasunuma H, Uno S, Kokushi E, Watanabe U, Liu J, M.A. Marey, Miyamoto A, Otoi T, Deguchi E, Fink-Gremmels J (2014). Application of mycotoxin adsorbent to cattle feed contaminated with zearalenone: urinary zearalenone excretion and association with anti-Müllerian hormone. World Mycotoxin Journal 7(3): 367-378.

Fushimi Y, Takagi M, Uno S, Kokushi E, Nakamura M, Hasunuma H, Shinya U, Deguchi E, Fink-Gremmels J (2014). Measurement of sterigmatocystin concentrations in urine for monitoring the contamination of cattle feed. Toxins (Basel). 4; 6(11): 3117-3128.

Hasunuma H, Takagi M, Kawamura O, Taniguchi C, Nakamura M, Chuma T, Uno S, Kokushi E, Matsumoto D, Tshering C, Deguchi E, Fink-Gremmels J (2012). Natural contamination of dietary rice straw with zearalenone and urinary zearalenone concentrations in a cattle herd. Journal of Animal Science. 90(5): 1610-1616.

Hasunuma H, Matsumoto D, Kirino Y, Sasa T, Fushimi Y, Ikeda T, Tshering C, Takagi M (2011). Acute colic possibly caused by phytobezoar derived from napier grass in 5 Japanese black cows reared in the same farm. Journal of Veterinary Medical Science 73(8): 1093-1096.

Hasunuma H, Takagi M, Shiga S, Uno S, Kokushi E, Mukai S, Kuriyagawa T, Takagaki K, Matsumoto D, Okamoto K, Deguchi E, Fink-Gremmels J (2011). Monitoring natural feed contamination in beef cattle by measurements of urinary zearalenone concentrations after oral administration of mycotoxin adsorbents as a top dressing. Journal of Applied Animal Research 39(3): 292-295

・ Takagi M, Uno S, Kokushi E, Shiga S, Mukai S, Kuriyagawa T, Takagaki K, Hasunuma H, Matsumoto D, Okamoto K, Shahada F, Chenga T, Deguchi E, Fink-Gremmels J (2011). Measurement of urinary zearalenone concentrations for monitoring natural feed contamination in cattle herds: On-farm trials. Journal of Animal Science 89(1): 287-296.

・ Takagi M, Hasunuma H, Matsumoto D, Obi T, Takase K, Ohtani M, Sato T., Watanabe U, Okamoto K, Tanaka T.Tshering C, Deguchi E (2011).Effects of Daily Oral Administration of Difructose Anhydride III on Health Status, Blood Parameters and Faecal Shedding of Coliform Bacteria of Japanese Black Calves during the Pre-weaning Period. Animal Nutrition and Feed Technology 11(2): 147-158.

・ Kawasaki Y, Takagi M, Fushimi Y, Mukai S, Yoshida T, Chuma T, Shahada F, Matsumoto D, Deguchi E (2009). Bilateral otitis media with facial paralysis in a Japanese black calf. Veterinary Record 15; 165(7): 212-213.

Matsumoto D, Takagi M, Hasunuma H, Fushimi Y, Ohtani M, Sato T, Okamoto K, Shahada F, Tanaka T, Deguchi E (2009). Effects of Oral Administration of Difructose Anhydride III on Selected Health and Blood Parameters of Group-housed Japanese Black Calves during the Preweaning Period. Asian-Australasian Journal of Animal Science 22(12): 1640-1647.

Matsumoto D, Takagi M, Fushimi Y, Okamoto K, Kido M, Ryuno M, Imura Y, Matsunaga M, Inokoshi K, Shahada F, Deguchi E (2009). Effects of gamma-aminobutyric acid administration on health and growth rate of group-housed Japanese black calves fed using an automatic controlled milk feeder. Journal of Veterinary Medical Science 71(5):651-656.

雑誌連載など・・・

・ 松本大策・蓮沼浩・佐々隆文・桐野有美・伏見康生・池田哲平:シェパードのコラムから,肉牛ジャーナル,肉牛新報社(東京),2008.11月号より毎月連載中

・ 松本大策:松本大策の、中国の牛肉動向について、お話しさせていただきます,養牛の友,日本畜産振興会(東京),2004.10・11月号

・ 松本大策:中国の牛肉動向について、も~っとお話しさせていただきます,養牛の友,日本畜産振興会(東京),2005.2・3・5・6月号

・ 松本大策:肥育農家の経営改善,養牛の友,日本畜産振興会(東京),2003.9月号-2005.12月号(連載28回)

・ 松本大策他:新春座談会 獣医師からみた肉牛経営,養牛の友,日本畜産振興会(東京),2007.1月号

・ 松本大策:松本大策の繁殖多頭化経営へのヒント,養牛の友,日本畜産振興会(東京),2007.1-2008.2月号(連載14回)

・ 桐野有美:冬こそ「負けない子牛」をつくる,養牛の友,日本畜産振興会(東京),2008.11月号

・ 松本大策:2009年を畜産の新しい一歩へ,養牛の友,日本畜産振興会(東京),2009.1月号

・ 松本大策:生産性を向上させる肉用牛の飼養管理―繁殖・子牛・肥育の部門ごとに考える―,畜産コンサルタント,中央畜産会(東京),2009.2月号

・ 松本大策:畜産は新しく生まれ変われる!,養牛の友,日本畜産振興会(東京),2009.7月号

・ 松本大策:寄生虫から牛さんを守ろう,養牛の友,日本畜産振興会(東京),2009.9月号

・ 蓮沼浩:たかが外部寄生虫、されど外部寄生虫,養牛の友,日本畜産振興会(東京),2009.9月号

・ 松本大策:一貫生産の考え方と飼養管理の注意点,養牛の友,日本畜産振興会(東京),2010.1月号

・ 蓮沼浩:肥育の基本をおさらいしよう,養牛の友,日本畜産振興会(東京),2010.7月号

・ 松本大策:冬場の飼養管理を見直そう,養牛の友,日本畜産振興会(東京),2010.10月号

・ 松本大策:2011年の明るい畜産を目指して,養牛の友,日本畜産振興会(東京),2011.1月号

・ 松本大策:生菌剤の新しい可能性,養牛の友,日本畜産振興会(東京),2011.8月号

・ 蓮沼浩:冬場の子牛の損耗防止-疾病多発の原因は必ずある。その原因を見つける努力を続けよう!―,畜産コンサルタント,中央畜産会(東京),2011.9月号

・ 蓮沼浩:暑熱対策いつやるの?今でしょ!―環境面と飼料給与、必要に応じて添加物からのアプローチ―,畜産コンサルタント,中央畜産会(東京),2013.6月号

・ 松本大策:そろそろ暑熱対策を考えておきましょう,養牛の友,日本畜産振興会(東京),2013.6月号

・ 伏見康生:ハッチで子牛を健康に育てよう!,養牛の友,日本畜産振興会(東京),2014.10月号

・ 松本大策:状態から推測する繁殖管理のヒント集,養牛の友,日本畜産振興会(東京),2014.1-2015.3月号(連載15回)

・ 蓮沼浩:衛生管理をもう一度チェックする―疾病を予防し、経営を安定化させる基本である―,畜産コンサルタント,中央畜産会(東京),2014.2月号

・ 蓮沼浩:肉用牛現場での疾病対策の心得―見えない相手“病原微生物”の蔓延防止が重要―,畜産コンサルタント,中央畜産会(東京),2014.7月号

・ 数面麻子:繁殖改善のための母牛管理,養牛の友,日本畜産振興会(東京)2015.11月号

・ 伏見康生:肉牛生産現場の蹄病と削蹄,養牛の友,日本畜産振興会(東京)2016.03月号

・ 蓮沼浩:一歩踏み出す繁殖管理-今年は何をやってみよう?-,養牛の友,日本畜産振興会(東京)2016.10月号~2017.9月号

研究発表

・蓮沼浩:尿中濃度を指標とした飼養環境下の牛群におけるゼアラレノン浸潤動態の解明、 第139回家畜臨床研究会(2015.7)

・椎葉絢香:眼帯を用いた眼疾患へのアプローチ、膝瘤摘出術を実施した2症例、第138回家畜臨床研究会(2015.2)

・蓮沼浩:どうするBVD、第137回家畜臨床研究会(2014.11)

・戸田克樹:不活化ワクチンを用いた乳頭腫治療報告、第137回家畜臨床研究会(2014.11)

・伏見康生:改行臨床獣医師の業務、鹿児島大学講義(2013.10)

・伏見康生:捻転去勢について、第135回家畜臨床研究会(2014.2)

・松本大策:コンサルの現状と畜産の展望、第130回家畜臨床研究会(2012.7)

・松本大策:コンサルタントとは、第128回家畜臨床研究会(2011.11)

・蓮沼浩:肉片が多数混入する粘液下痢、下顎切歯に見られる腫瘍、第122回家畜臨床研究会(2009.6)

・蓮沼浩:楽しい臨研とは?、第121回家畜臨床研究会(2009.2)

・蓮沼浩:去勢術、第120回家畜臨床研究会(2008.11)

・蓮沼浩:突発的に原因不明の疝痛症状を示した黒毛和牛の一例、第119回家畜臨床研究会(2008.6)

・蓮沼浩:繊維球(ネピアグラス)により機械的イレウスを発症した黒毛和種生産牛の一例、第118回家畜臨床研究会(2008.2)

・桐野有美:黒毛和種繁殖牛で見られた白血病に起因する第四胃食滞の一例、第115回家畜臨床研究会(2007.3)

・蓮沼浩:症例報告 破傷風、第114回家畜臨床研究会(2006.10)

・蓮沼浩:血清蛋白分画(γグロブリン)を用いた肥育牛の予後判定、第113回家畜臨床研究会(2006.6)

・蓮沼浩:パラダイム転換により肥育成績が向上した1肥育農場の検討、第111回家畜臨床研究会(2005.11)

・蓮沼浩:ビタミンADE剤筋肉注射後の血中ビタミンA値の変化、第105回家畜臨床研究会(2003.11)

・蓮沼浩:症例報告 十二指腸潰瘍からの第四胃幽門狭窄、腎臓結石および膀胱潰瘍、第98回家畜臨床研究会(2001.6)

・松本大策:肉用牛専門コンサルタントのお仕事の一部、第98回家畜臨床研究会(2001.6)

講演活動

■ 松本大策:2000年~2014年まで 通算300回以上

■ 松本大策:2015年(12回)

 ・ 松本大策:飼養管理から考える繁殖改善について、農林水産省・一般社団法人肉用牛振興基金協会、東京(2015.9)

 ・ 松本大策:肉用牛コンサルテーションの一事例、九州地区獣医師大会・獣医学術九州地区学会教育講演、熊本(2015.10)

 ・ 松本大策:肥育技術の検証、奈良県農業共済組合連合会、奈良(2015.11)

 ・ 松本大策:コンサルという仕事とこれからの肉用牛生産、公益社団法人日本獣医師会(2015.11)

 ・ 松本大策:これからの世界で畜産を護るための戦略、鹿児島天文塾(2015.11)

■ 2016年

・松本大策:良い子牛の生産、繁殖成績に対する飼料の重要性、沖縄県(2016.01)

・松本大策:子牛と繁殖母牛の管理、北海道(2016.02)

・松本大策:これからの世界で畜産を護るための戦略、札幌天文塾(2016.02)

・松本大策:1年1産に向けた分娩前~妊娠までの飼養管理、北海道(2016.02)

・蓮沼浩:肥育前期を制す、村上牛生産協議会他(2016.02)

・松本大策:これからの世界と繁殖経営、宮城県(2016.03)

■ 2017年

・松本大策:繁殖改善のお話し、福井県(2017.01)

・松本大策:もっとよくなる肥育の管理、徳島県(2017.02)

・松本大策:繁殖牛と子牛への栄養補助添加剤の使い方、沖縄県(2017.03)

・松本大策:最近の畜産業界のお話と今後の見通し、北海道(2017.04)

・松本大策:肉業牛とマーケティング、宮崎県(2017.07)

・松本大策:1年1産に向けた分娩前~妊娠までの飼養管理、宮崎県(2017.08)

・松本大策:1年1産に向けた分娩前~妊娠までの飼養管理(2017.09)

・松本大策:こういう症状を見落としていませんか、鹿児島県(2017.11)

・松本大策:子牛の健全な育成、宮崎県(2017.11)

・松本大策:ちょっと役立つ繁殖経営のおはなし、宮崎県(2017.12)

■ 2018年

・松本大策:将来に備える大分県の畜産について、大分県(2018.01)

・松本大策:すぐに役立つ和牛管理、福島県(2018.02)

書籍

・松本大策(共著):生産獣医療システム(肉牛編)、黒毛和種の肥育管理プログラム、農文協、東京(1999)

・松本大策(共著):新編畜産用語辞典、養賢堂、東京(2001)

・松本大策:もっとよくなる肥育管理、日本畜産振興会、東京(2001)

・松本大策:さらによくなる子牛生産、日本畜産振興会、東京(2002)

・松本大策:どんどんよくなる肥育管理、日本畜産振興会、東京(2007)

・松本大策(共著):年版農業技術 畜産、和牛育成期の考え方と現状の問題点、
農文協、東京(2008)

・松本大策:まだまだよくなる繁殖経営、日本畜産振興会、東京(2011)

・松本大策・蓮沼浩・佐々隆文・桐野有美・伏見康生:シェパードの獣医さんがおくる繁殖のちょっと役に立つお話、肉牛新報社、東京(2012)

・松本大策:すぐに役立つ繁殖管理、日本畜産振興会、東京(2015)

・松本大策・蓮沼浩・佐々隆文・桐野有美・伏見康生:シェパードの獣医さんがおくる肥育のちょっと役に立つお話、肉牛新報社、東京(2017)

・松本大策・蓮沼浩・伏見康生(共著):肉用牛経営を改善する成績向上法、日本畜産振興会、東京(2017)

最終更新2018年5月