(有)シェパード[中央家畜診療所]がおくる松本大策のサイト
「肥育とストレス−78 「トラックに乗せる道」」

コラム一覧に戻る

2010年3月12日

 さーいよいよ出荷当日です。トラックに乗せるまで緊張の瞬間です。「何をそんなに大袈裟な」と言われるかもしれません。しかし、出荷の時に牛が暴れて怪我をして出荷を伸ばしたなどという事は良く聞きます。ひどい場合は、崖から転げ落ちたり、死亡したという報告もあります。せっかくここまで肥育してきて、最後の最後で事故を起こしたり、傷をつけてしまっては、目も当てられません。削蹄編でもお話したように、牛も今まで過ごした部屋から出る恐怖などで予測できない行動をとったりします。やはり、出荷時は慎重に注意を払いトラックまでの道のりを歩む事をお勧めします。また障害物や滑りそうな場所などは事前にチェックして、対処しましょう。また中にはいます、全然歩かない牛が・・。そういう牛に対しても声を掛けながら、牛を引けば、歩いてくと思います。がむしゃらにならずに、頭を使いましょう。間違っても、叩いたり、蹴ったりしないように、結局は自分の牛ですから。
|