(有)シェパード[中央家畜診療所]がおくる松本大策のサイト
松本大策のコラム
牛さんの鼻炎とか漢方薬とか

コラム一覧に戻る

2022年2月14日

 新年あけまして、もう2月に入っちゃいましたね。早いなあ、と毎年感じてます。

 ところで、皆さんのところの牛さんは、ダースベイダーみたいなズズーというなんか、鼻から聞こえてくる変な音を立てることはありませんか。重症の牛さんになると、鼻詰まりがひどくて、息をする度に頬がぷくー、ぷくーと膨れる子がいます。行きつけの牧場ではこの子のことを「ぷくーちゃん」と呼んでいました。

 こういう子の診療が来たときは、うちではぬるま湯にインタゲンという抗生物質とデキサメサゾンという消炎剤を混ぜたものを50mlの注射器にシース管を20センチくらいに切って針の代わりにつけたものを鼻腔内に差し込んで洗ってあげることにしているのですが、たいていはこの処置で治まってくれます。

 しかし、このぷくーちゃんは、仲の良い他の診療所の先生と二人がかりでも少し良くなったり、また悪くなったりを繰り返して、いつも通りの治癒にいたりませんでした。

 ということで悩んだ挙げ句、「ドラエモン、なんか秘密道具出してよ~」と漢方薬の本に問いかけ(僕らは基本西洋医学がベースなのですが、どうしようもないときに漢方に頼ります)、「葛根湯加川芎辛夷」というものにたどり着きました。

 この薬はあまり一般的なものではありませんが、人間の肥厚性鼻炎や副鼻腔炎に使われるものです。この薬を1日2回、人間の体重割で与えたところ、一週間も経たないうちに完治してしまいました!
 うちでは、これまでも半夏瀉心湯や治打撲一方などの薬で大きな効果を得ていたので、改めて漢方を見直したところです。

 また何か新しい漢方薬の使い方とか見つけたら報告しますね。

|