(有)シェパード[中央家畜診療所]がおくる松本大策のサイト
戸田克樹のコラム
第338話「ハエが送る重要なメッセージ③~彼らはなぜ寄ってくるのか~」

コラム一覧に戻る

2021年6月16日

でも、ハエがたくさんいる牛舎もあれば、そこまでいない牛舎もあります。同じ牛舎内でもたくさんいる場所があればほとんどいない場所もあることがあります。

こうした違いはなぜ生じるのでしょうか。

それはハエが好むおいに関係があります。生ごみにハエがたかるように、牛舎のにおい(主にアンモニア)が強い牧場はやはりハエが多く集まります。飼料中のタンパク質を十分に利用できていないと、余剰分は尿やふん便中にアンモニアとして排泄されますので臭気が強くなり、ハエも寄ってきます。ご存知の通り、下痢便は正常便よりも臭気が強いため、アシドーシスなどで便性状が緩い牛が多いと彼らはよく集まってきます。哺乳期子牛の下痢便はヨーグルトのような独特な酸っぱいにおいがするせいか、ハエがすぐさま大量に集まってくる印象があります。風通しがよく牛床の状態が普段からよい牧場や下痢がほとんどでない牧場ではハエも少ないですし、やはりポイントは「におい」のようですね。

|