(有)シェパード[中央家畜診療所]がおくる松本大策のサイト
戸田克樹のコラム
第328話「滑車で牽引するときの注意点 その2」

コラム一覧に戻る

2021年3月31日

子牛の頭部や足にロープがけが無事に終わり、滑車もセッティング完了。もちろんロープの絡みなんてありません。それでは引いていきましょう…となる前に、やはりこのまま牽引しても大丈夫かどうか、を確認する必要がありますね。

チェックポイント②「手が胎子の周りを1周できるか」

娩出の際に産道で引っ掛かってしまう場所といえば、頭部、胸部、腰部です。とくに胸部で引っ掛かってしまうと、自発呼吸ができないため子牛は死んでしまいます。このまま引いていいのか、それとも帝王切開すべきか、という重要な確認は本格的な牽引の前に判断しなければいけません。私は牽引の前には必ず子牛の体をなでるように触っていき、胴体を1周できるかどうかを確認するようにしています。スーッと子牛の体を1周できるようであればその分のスペースがある、つまり「産道と子牛の空間に余裕がある」ということになります。このときは問題なくスルスル~っと出てきてくれることが多いです。一方、「何とか通るけど手が骨盤に当たり相当痛い!」あるいは「1周どころか半周もできない!」といった場合は帝王切開を選択すべきケースかもしれません(もちろん、最初はそうであったとしても膣壁マッサージを十分に行うことで産道がしっかりと拡張するケースもあります。だから判断は難しいのです…汗)。

産道に乗った子牛の体を1周ぐるっと撫でられるかどうか

それが私の「牽引可or不可(帝王切開を選択)」を決断するひとつの基準になっています。

|