(有)シェパード[中央家畜診療所]がおくる松本大策のサイト
笹崎直哉のコラム
包帯チャンネル その4

コラム一覧に戻る

2021年1月26日

 前回は環行帯や螺旋帯というベーシックな巻き方を紹介しました。螺旋帯は太さが同等なものに対して巻くのには有効です。しかし太さの異なる部位に対して螺旋帯のみで巻いていくと、ズレてしまい上手に巻くことができません。1度牛さんの後ろ足をイメージしてください。飛節~大腿脛関節を巻くとすると、筋肉量の関係で太さが異なり螺旋帯のみで巻くと、どうしてもズレが生まれて密着しません。そんなときは折転帯を活用しましょう。

 「でもどうやって巻くの?」

 という方が大半だと思うので、写真を用いて説明します。今回から分かりやすいように包帯に色を付けてみました。

 次回も包帯の巻き方を紹介しますね~。

|