(有)シェパード[中央家畜診療所]がおくる松本大策のサイト
カーフフィーダー(哺乳ロボット)のメンテナンスのお話し

コラム一覧に戻る

2020年10月26日

 ビデオは先週半分出しましたが、これまで哺乳ロボットの使い方では、「群編成」の問題を強くお話ししてきましたが、そもそものロボットが、きれいなミルクを子牛に与えていなければ、子牛は下痢をしたり、場合によっては敗血症で死んでしまったりするのは当然です。

 子牛の免疫の中心は、何度もお話しするように小腸にあるGALT(腸管免疫機構)ですから、ばい菌で腸炎なんかやっていると免疫がきちんと働かず、肺炎のリスクだって高まります。

 写真を見て下されば、さすがに「いやこれじゃ、子牛も弱るわ!」って事が解ると思います。解らない方は、このロボットのミルクを飲んでみると、身をもって離解できると思いますよ。

【チューブの汚れ】

【乳首の連結部】

 こうならないようにしっかり洗浄をしてあげましょうね。いつもいうことですが、TMRにしろカーフフィーダーにしろ、みなさんが楽をするための方法ではなく、子牛を均一によりよく育てるためにものだ、という意識がなければ必ず失敗しますよ。

|