(有)シェパード[中央家畜診療所]がおくる松本大策のサイト
みんなで頑張ろう!

コラム一覧に戻る

2020年5月18日

 みなさん、ようやく少しずつ緊急事態宣言介助の地域がでてきましたね。
 しかし、東京が解除されないと、地方からはどこのエリアにも行きにくいんですね(^_^;
 県別に分けるというのも、しっくりきません。繁華街、夜の町、パチンコ屋など、リスク別にに危険段階を分けた方が、経済復興の面でも、コロナの蔓延防止の面でも有利だと思うのですが。

 シェパードでも、僕の意思で出張は自粛中です。というのも、僕たちは防疫に関してはずっと努力は積み重ねてきています。口蹄疫(飛沫より防ぐことが困難な空気感染ですからね)に備えてそれなりの装備で中国にも行っていたわけですからね。

 しかし、今回のコロナは、実際のリスク以上に国民の結束が大切です。そう思って、出張は自粛なわけです。ここは重要なので、きれいに分けて考えないといけないのです。物事を考える時に、「独りよがりな思い込み」と、「社会に対する影響」は分けてよく考えないといけません。
 たとえば「自分はしっかり対策をしているからだいじょうぶ!」というのは、ただの思い込みにすぎません。「無知の無知」というヤツです。あくまで、貧弱な自分の頭で考えついた対策に過ぎない!という謙虚さをしっかり持っておく必要があります。

 連休中にバーベキューやってた連中だって、「自分たちは消毒もしてるし、食う時以外はマスクしてるしぃ、だいじょうぶ!」だと思っていたわけです。

 今、このばらばらな国が、なんとかコロナウイルスに負けない意思で、緊急事態宣言を守ってきたわけです。そんな中で、僕たちが、宣言解除されていないエリアを通過したり、エリアで行動したりするというのは、社会道義上の問題として大きいと思うのです。

 もちろん、先にも述べたように、今のエリア分けは合理的なものではありません。北海道なんて発生箇所は限局されているのに、あれだけ広大なエリアが緊急事態宣言下に置かれているのですから。しかし、こういうことは正していけばいいのであって、「あれはおかしいから、俺は守らん」というのは、無法者です。

|
Copyright(C) Shepherd Central Livestock Clinic Co., LTD. All Rights Reserved.