(有)シェパード[中央家畜診療所]がおくる松本大策のサイト
顕微鏡を使ってみよう その8

コラム一覧に戻る

2020年5月12日

 オンライン英会話レッスンを始めておよそ3週間経過しました。うち2日休んでしまいましたが、発音やリスニング力が身についてきた気がします(※個人的な感想です)。でも語彙力がまだ足りてないぞと痛感しています。うーん、今後の課題ですね。とにかく楽しみながら今後とも頑張っていこうと思います。

 さて今回は血液のお話から少し離れ、尿と顕微鏡検査をテーマについて進めていこうと思います。尿検査といえば尿スティック検査で尿蛋白やpHの測定、潜血反応を判定したり尿沈渣といって尿中に出てきた細胞成分や細菌(上皮細胞、赤血球、白血球、細菌等)を顕微鏡で調べる検査をします。泌尿器系の疾患を疑うケースは血液検査でもBUNやクレアチニンの数値をチェックします。こういった尿検査を実施することで感染性かどうか、溶血性疾患なのか、重症か否か等を決めるヒントが得られます。
 尿沈渣は顕微鏡でどんなふうに見えるの?と疑問に思う方が多いと思いますが、健康な牛さんであれば、特別に何か見えるわけではなく、クリアであることが多いです。でも尿結石症であれば以下のような膀胱内に溜まった棺桶型のストラバイト結晶(アンモニウムマグネシウム)や赤血球などが検出されたり

 感染性の膀胱炎、腎炎であれば尿路系の上皮細胞や赤血球、白血球、細菌などの存在がわかり、染色によりさらに詳しく調べることができます。以前膀胱炎、腎炎の症例を治療したときに尿を持ち帰り、尿沈渣をかけ、染色をしてみました。すると想像以上にいろいろなものを発見しました。

 白血球と細かいブツブツが目立ちますね。白血球に関しては好中球がほとんどで、その周辺にあるブツブツは細菌と思います。おそらく形状的に桿菌ではないかと思います。寒天培地で培養をしなかったため、細菌の同定まではできませんでした。しかし牛さんの尿路感染症の原因菌といえばCorynebacterium renaleが多いので、それに該当するのかなと推測しました。ルーチンでは血液塗抹と比べ、尿沈渣の検査頻度は少ないですが、とても重要なスキルになります。

続く

|
Copyright(C) Shepherd Central Livestock Clinic Co., LTD. All Rights Reserved.