(有)シェパード[中央家畜診療所]がおくる松本大策のサイト
第272話: タ、タマが残っとる・・・・(その6)

コラム一覧に戻る

2012年4月5日

hasu_272

 タマが残っていると思われる場合、まず陰嚢の外貌を確認します。この視診でいろいろなことがわかります。まず重要なポイントとして、去勢の方法を確認できます。バルザックの非観血的去勢を行った場合は陰嚢の上部に挟んだ跡が白い横線として残っています。そしてリング去勢を行った場合は陰嚢自体がないです。最初に見たときはあれ??この牛さんはいったいどうしたのだ・・・と思ったことがありました。それから陰嚢の左右のバランスも重要です。右側が少し大きいとか、均一であるなど。また、場合によっては去勢手術の失敗による傷口の化膿と肉芽腫の形成なども見つけることがあります。メスを使った観血去勢の場合は基本的には去勢した痕が見えません。しかし、陰嚢の先端を一か所切断して去勢する場合などは先端部が欠損しているのがわかります。他にもいろいろとわかることはあると思いますが、陰嚢をじ~~~~と見つめる視診でいろいろなことがわかります。しっかりと見つめてあげてください。

(つづく)

|
Copyright(C) Shepherd Central Livestock Clinic Co., LTD. All Rights Reserved.