(有)シェパード[中央家畜診療所]がおくる松本大策のサイト
臍ヘルニアを発見!でもその前に。

コラム一覧に戻る

2018年7月10日

 当院では、新生子牛の診察を始めるとき臍帯と肋骨のチェックをルーチンワークにしています。この2つをチェックするだけでお産時のトラブルが如実に表れてきます(難産時の無理な滑車の牽引や臍部消毒を忘れていたりなど、、、)。実際に牛さんの検温の前に臍帯に関しては腫れていないか、膿が付いていないか、触れたときに牛さんが痛がらないかを中心に精査し、肋骨については湾曲し骨折していないか、変形していないか、左右対称になっているかどうか等を見ていきます。ここで臍帯の病気に関しては少し注意してほしいポイントがあるのでこの場を借りて紹介させて頂こうと思います。

 先日「臍が腫れてるのだけど」という稟告で往診に伺い、臍を念入りにチェックしました。すると深部触診にてヘルニア輪を確認し、指が一本入るサイズでしたので診断名を先天性の「臍ヘルニア」とし、ヘルニア輪も大きくないということから経過観察してもらうように話を進めようとしていました(なお3指幅の場合は自然治癒が望まないケースが多いのでバンテージなどの固定や手術適応となります)。

 しかし触診時にお腹を蹴ったり、患部の熱感があったのでもう一度チェックしてみると、先端にて排膿が確認されました。もちろん化膿臭もしっかりと漂っている状態。

 よって感染性の臍帯炎も併発していることが判明し、治療を開始しました。遺憾なことにヘルニアの診断のみで終わらせてしまうところでした(お恥ずかしい限りです)。今回のように臍ヘルニアと診断する際には必ず臍膿瘍や臍帯炎などの感染性の疾病を併発していないかどうかの確認を怠らないのがポイントです。重度の臍ヘルニアで手術適応となっても、臍帯炎を併発していたら仮に手術して整復できても炎症を波及させてしまう恐れがあります。バンテージ固定にしても同じことがいえるます。なので臍ヘルニアと判断したときは「他に何かないか?」ということにも注意していただけたらと思います。
 
 
 
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - -
求人のご案内
有限会社シェパードでは、獣医師を募集しています。一度実習に来てみませんか?募集内容はこちらからご確認ください。

中国物産株式会社では、牛用飼料販売の営業員を募集しています。会社見学大歓迎です。募集内容はこちらからご確認ください。

|
Copyright(C) Shepherd Central Livestock Clinic Co., LTD. All Rights Reserved.