(有)シェパード[中央家畜診療所]がおくる松本大策のサイト
アンモニアガスやホコリによる肺炎 その3

コラム一覧に戻る

2017年11月7日

 皆様お疲れ様です。当院では朝一番の日課としてミーティングをしています。内容としては「昨日治療した牛さんすべての治療報告」です。口頭で説明するのが大半ですが画像、動画を用いることもあり、様々です。松本社長も時間があればミーティングに参加し私たちの意見交換に参加します。時には話が盛り上げってしまう日があったり、みんなで悩み、アイデアを出しあったり、etc…とても有意義な時間であるとつくづく感じます。

毎日スタッフで顔見合わせてコミュニケーションをとる、、、とても大事なことですね。
 
 
ではコラムの続きに入ります。

 では気管独自の働きで補うことができない程度にまで炎症が進んでいった場合を考えていきましょう。もともと牛さんは他の家畜と比べては肺における酸素と二酸化炭素の交換能力(ガス交換能)が高いのですが、残念なことが1点。「気管の中を通過する空気のスピードが速いこと」です。よって今回のテーマである有害なガスやホコリを大量の摂取してしまった場合、肺の深いとこまで侵入してしまいます。そうすると弱った肺の組織とまだ炎症が起きていない健康なものの二極化が成立し、健康なものが不足しているところを補おうと、ガス交換を今まで以上に頑張りすぎてしまうのです。

実際にそのような状態の牛さんを診察する前に、少し走らせたり、歩かせる等の運動負荷をかけると、明らかに呼吸数がグンと上がったと、呼吸様式がきつそうになります。

こんなときはもちろん獣医さんを呼んで薬の投与をしてもらうのも重要ですが、運動制限と言って、広い部屋から狭い部屋に移動させて、肺の機能を休ませてあげましょう。

つづく

|
Copyright(C) Shepherd Central Livestock Clinic Co., LTD. All Rights Reserved.